So-net無料ブログ作成

男のオーガズム「オナニート経典」 株式会社plusk [男のオーガズム「オナニート経典」]

男のオーガズム「オナニート経典」

男のオーガズム「オナニート経典」


下記より購入し簡単なレビューを送るだけで最大2000円還元されます!
男のオーガズム「オナニート経典」



最近、アメフト部の名QB(クォーターバック)のボブの調子が悪い。

彼女と別れてまで、学生時代最後の大会のために、賭けてきたボブ。

そんな彼の変化を、親友のジェシーは見抜いていた。




ジェシー:「ボブのオナニーは、間違ってるわ!」

ボブ:「ジェ・・ジェシー、突然何を言い出すんだい?」

ジェシー:「貴方は、きっとオナニーの度に罪悪感を感じているはずよ!」

ボブ:「・・・あ、あぁ、そのとおりさ・・」

ジェシー:「そして、オナニーをS○Xの代替品だと思い込んでいて・・・最近、マンネリ気味で・・・」

ボブ:「うッ!」(図星)

ジェシー:「最近、楽しくないんでしょ?」

ボブ:「あぁ、君の言うとおりさ、いいザマだろ?笑ってくれよ」

ジェシー:「・・・だと思って、ハイ、これあげる」



そう言って、ジェシーはボブにオナニート経典を手渡す。



ボブ:「これッ!日本で今話題のオナニート経典じゃないか!?」

ジェシー:「そうよ、これで正しくて、気持ちいいオナニーを勉強しなさい」

ボブ:「ジェシー、有難う!」

ジェシー:「喜んでもらって嬉しいわ、お礼にチェリーパイでもおごってもらおうかしら?」

ボブ:「欧米かッ!」

2人:「あはははは」



その後のボブは、本来の身体のキレを取り戻し、

NFLのスカウトにも一目置かれる存在になって行ったのは言うまでも無い。










小学校の高学年にもなると、わたしはオナニーを覚えました。

その頃は、まだ射精する事なく、ぴくんぴくんと果てるまで続けているだけでした。

その後のオナニーライフは、特に激変するでもなく、日課の様に黙々とこなすものでした。

どちらかと言えば、ネタ重視だったのを覚えています。


大抵の男性は、オナニーの後、何かしらの罪悪感を覚えるものです。

わたしもその行為が終わると、罪悪感に襲われました。

ですから、オナニー禁止等も実行してみましたが、人間の3大欲求に打ち克てるなら、

今頃は聖人にでもなっているはずです。

それよりも、しっかりと真面目にオナニーをした方が、楽しいことを学習しました。


まさにオナニー三昧。

彼女が出来れば、オナニーだけでも無かったのでしょうが、生憎まるでモテナイ人生でした。

その為、オナニーに関しての知識だけは、人並み以上にあり、新しい技の開発にも日々、取り組んでいたわけです。

生活の中心がオナニーである感じさえしていました。

オナニーがしたくて学校を早退する、正にオナニスト。

そんな生活が10年以上続いていました。


オナニーの本質を見極めた気でいました。

しかし、それがある出会いで、粉々に砕け散ってしまうとは・・・。

男のオーガズム「オナニート経典」

オナニー街道まっしぐらだったわたしは、いろいろな技を模索していました。

こんにゃく等の道具を使ったもの等も試してみました。

しかし、それらは後から考えると表面ばかりの上っ面のオナニーでした。

簡単に言えば、S○Xの代用としてのオナニー・・・そんな位置づけでした。

そんなある日、表面ばかりの上っ面のオナニーを180度変える運命の出会いがありました。

風俗嬢のユウナちゃん(源氏名)との出会いです。

ユウナちゃんは、ショートカットが似合う女の子でしたが、そんなに可愛く御座いませんでした。

パッと見た瞬間は、内心、“チェンジ出来るなら、チェンジしてぇ~”と思っていたのです。

それが、あんなことになろうとは・・・。



ユウナちゃん「どうする?やめる?」

彼女は、部屋に入るなり、わたしの顔を見てこんな言葉を口にしました。

そのときの彼女の顔が少し淋しげだったのと、
よく見ると小柄な身体と派手めじゃない顔立ちは何処か、懐かしい感じが・・・。

そう、初恋の人っぽい印象のなんだか甘酸っぱい感じが良い!気がして、わたしは「全然」と首を横に振りました。

ユウナちゃんは、自分の容姿やスタイルがそれ程良くはないことを自覚していました。

最初の言葉もそんな自信の無さからだったのでしょう。

ユウナちゃん「有難う、お礼に初めての体験をさせてあげるからね・・」

わたし「どういう意味?」

あどけない彼女の顔からそんな言葉が出て来たので、ドギマギしながらも聞き返しました。

ユウナちゃん「ふふ、シャワー浴びよっか」

ユウナちゃんは、わたしの疑問に答えることなくわたしの手を取り、シャワールームまで行きました。

シャワールームで、お互いの身体を洗いあっていると、
先程からいきり立っているわたしのペ○スは、更に硬さを増していきました。

それは、膨張ではち切れそうな痛い感覚でした。
※まるで女子中学生くらいの容姿のユウナきちんと・・・という背徳感に似た感覚が更に興奮を高めました。(照)
ユウナちゃん「すごく元気だね」

ユウナちゃんが、右手でそっとペ○スに手を添えると、わたしはどうしようもなく、ユウナちゃんの肩を引き寄せました。

ユウナちゃん「焦らないで、大丈夫だよ」

彼女は、バスタブの縁にわたしを座らせると、洗い立てのペ○スの前にしゃがみこみました。

わたし「たッ!!」

ユウナちゃんがしゃがみこんだ瞬間、彼女の指先に弄ばれたペ○スを中心に、身体に電気が走りました。

一瞬で、つま先から頭の頂点に快感が突き抜けていく感じです。

わたし「ふわっあぁ」

ユウナちゃんの両手が怪しく動く度に、快感が身体を突き抜けます。

普段、自分でしているオナニーで言えば、3回擦った程度の動きをしただけで、爆発寸前でした。

ユウナちゃんが、その唇を開いて、わたしの亀頭を咥えこんだ時には、意識が軽くとびました。

小さな口で一生懸命に咥え込む狂おしげな表情と、
シャワーが彼女の小振りな胸にあたるのを、恍惚感で満たされながらただ、ぼんやりと見ていました。

わたし「あっ、出ちゃうよ」

何度か彼女の顔が上下に動頂けで、ペ○スは膨張の極致を迎えました。

どぷっ。

そんな音が本当にしたのでは無いか?と思える程、奥の方から飛び出した感覚です。

その後も、ドクドクと溢れ出す精液を彼女は、その小さな口で全て受け止めてくれました。

いつもなら、どんどん収縮するはずのペ○スが一向に萎えません。

ユウナちゃんは、ペ○スから口を離し、口一杯に出された精液を自分の掌の上に出しました。

ユウナちゃん「数多く出たね」

そう言いながら、微笑を浮かべた彼女は、まだひとりでぴくぴく脈打つペ○スにまた手を添えました。

わたし「もう出ないよ・・・」

言ったわたしが驚く程に、彼女の怪しい手の動きでまだまだ溢れて来ました。

“壊れちゃったのかよ?”

ビュルビュルと先端の割れ目から、精液が溢れ出し続けます。

彼女の手の動きに合わせて、いつまでも出て来る感覚でした。

ユウナちゃん「そろそろ、ベッド行く?」

彼女がペ○スをシャワーで洗いながら、わたしに尋ねます。

わたし「・・うん、そだね」

平静を装いながらも、その実、まだペ○スからは精液が溢れ出していました。

ユウナちゃん「ね」

お楽しみはこれからよ・・といった風に微笑んだ顔が小悪魔に見えたのは気のせいではなかったと思います。



ベッドに向かう間、わたしの腰から下がガクンガクンと震えているのが分かりました。

そして、ペ○スだけでなく、何故か性器全体に快感が纏わり付いている様な錯覚を覚えました。

一体、彼女は、わたしの身体に何をしでかしてくれちゃったのか?




そればかりが気になり、この技がオナニーにも通ずるものであることには、まだこの時は気付けずにいました。












一体、彼女は、わたしの身体に何をしでかしてくれちゃったのか?

そんなことを思いながら、ベッドでタバコをふかすわたし。

わたし「なんか、すごく良かったよ」

ユウナちゃん「ふふ、有難う」

ユウナちゃんが、ウーロン茶のペットボトルのふたを開けながら、微笑んだ。

一口飲んで、彼女がそのテクニックのことを話し始めた。



それによると、まだまだわたしは開発されていないとのことだった。

女の子でいう所の、処女に少し経験がある程度だと言うので、正直驚いた。

自分自身では、かなりアブノーマル?なオナニーもして来たし、
特定の女性と付き合ったことも無かったからオナニーを覚えてからは、オナニー三昧だったからだ。

そんなわたしが、処女に少し経験がある程度だとは・・・。

彼女の豊富な経験から編み出された数々のテクニックと、男性器の知識はすごかった。

男のわたしが知らないことまで知っていた。

彼女の話を聞いていると、数分前にあれだけの精液を出し尽くしたはずのペ○スが、また立ち上がっていた。

まるで、ユウナちゃんに可愛がって貰うために立ち上がったかのようだ。


ユウナちゃん「元気だね、じゃあ、今度は仰向けになって・・・」


そういうと、わたしのガウンを解きながら、ユウナちゃんの唇がわたしの首筋から下がっていく。

その動きに合わせる様に、わたしは彼女のなすがままに身体を横たえていった。

ユウナちゃん「ちょっと腰を浮かしてみて」

わたしがM字開脚で腰を浮かすと、ペ○スの先端を彼女の唇が優しく包んだ。

わたし「ッ!すごく、気持ちいいよ」

首を持ち上げて、彼女の顔を見ると、わたしのペ○スを咥えながら、彼女もこちらを見てにっこりと微笑んでくれた。

何度か彼女の頭が上下に触れるのを見ていた。

さすがに、先程あれだけ出したから、早撃ちのわたしといえども、簡単には射精には至らない。

しかし、明らかに他の風俗嬢と違い、下半身全体がじんじんと痺れる感覚。

ペ○スを中心とした性器の周辺は、そこだけ生暖かく包まれて自分の身体の一部とは思えなくなっている。

彼女の頭が上下に動く度に、少しずつ溶けて行く飴細工。

性器全体が気持ちいいことをわたしは知らなかったんだなぁ・・・。


わたし「痛ッ」


ぼんやりと彼女のフェラチオを楽しんでいたわたしに痛みが走った。

激痛とかの類ではなく、初めてのことだったので、少し驚いた感覚の方が強い。

原因は、彼女がわたしのアナルに指を入れて来たからだ。

驚いたので、アナルを窄めてしまったわたしに、彼女がこう言った。


ユウナちゃん「力を抜いて、凄いことしてあげるから」

わたし「うわぁああ」




・・・・・・・。

それから、1回だけ延長した時間およそ3時間。

その間に、何度果てたか数えては居られなかった。

途中からは精液も出ないままに、絶頂に達していた。


ユウナちゃん「どう凄かったでしょ?」


わたしは、汁にまみれた下半身を拭いてもらいながら、ただ頷くことしか出来なかった。



ひとりになってから、ユウナちゃんが話してくれたテクニックをぼんやりと考えていた。

ほんとに、処女に少し経験がある程度だったことを思い知らされていた。





略奪愛の成功法則-彼氏がいる女をゲットする方法

特殊童貞喪失術

【セット】元AV男優が教える伊集院流百式クンニ強制絶頂マニュアル

【2010バージョンアップ】年の差恋愛攻略バイブル~年の離れた女の子を虜にして彼女にする方法~

既婚男性のための30代からの恋愛リバイバルプログラム

女性の心を盗む恋愛メール術

早漏改善!射精を自由自在にコントロールする「MCPEメゾット」


2011-03-03 15:48 
共通テーマ:恋愛・結婚



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。